「 アガサ・クリスティ 」一覧

招かれざる客 THE UNEXPECTED GUEST アガサ・クリスティ 深町真理子 訳 

招かれざる客 THE UNEXPECTED GUEST アガサ・クリスティ 深町真理子 訳 

ブリストル海峡に近いサウス・ウェールズにあるウォリック家の書斎が舞台となっています。霧の中手探りで進むような、ケルティックな雰囲気が堪能できる、二幕ものの戯曲です。訳者の方は一種のリドル・ストーリー(謎を残したままのオハナシ)のように感じたと感想を述べられています。ドルイド・ベルが静かに鳴り響くような結末です。名探偵は出てきません。1958年作。

ブラック・コーヒー BLACK COFFEE アガサ・クリスティ 麻田 実 訳 

ブラック・コーヒー BLACK COFFEE アガサ・クリスティ 麻田 実 訳 

1930年。アガサ・クリスティの初めての戯曲になります。ポワロ物でオリジナルになります。本戯曲では南米からヘイスティングズが一時帰国中の設定になっていて、ポワロとアボット・クレーヴにあるクロード・エイモリー邸に同行します。ジャップ警部も登場するので三匹のおっさんが揃います。またクリスティ研究家のチャールズ・オズボーンが1997年に書いた小説版も出版されています。

海浜の午後 RULE OF THREE アガサ・クリスティ 深町真理子 訳

海浜の午後 RULE OF THREE アガサ・クリスティ 深町真理子 訳

「海浜の午後」『患者」『鼠たち」の一幕もの三篇を収めた戯曲集です。1962年。一幕ものですので、そんな複雑な構成、内容の戯曲ではありません。が、推理はそんなに単純ではありません。短編小説、というか掌編小説の味わいで推理を楽しめる戯曲集です。

検察側の証人 WITNESS FOR THE PROSECUTION アガサ・クリスティ 加藤恭平 訳

検察側の証人 WITNESS FOR THE PROSECUTION アガサ・クリスティ 加藤恭平 訳

1954年。超有名なタイトルです。1957年にはビッグネームのビリー・ワイルダー監督、脚本で映画化されています。タイロン・パワー、チャールズ・ロートン、そしてあのマレーネ・ディートリッヒが出演しています。邦題は「情婦」。短編集「死の猟犬」には結末が異なる小説版が収録されています。

死人の鏡 MURDER IN THE MEWS  アガサ・クリスティ 小倉多加志 訳 

死人の鏡 MURDER IN THE MEWS アガサ・クリスティ 小倉多加志 訳 

1931年出版。中編3篇、短編1篇。すべてポワロ物です。非常に読みでがある短編集です。本格推理でポワロの灰色の脳細胞が炸裂です。「厩舎街の殺人」ではジャップがあいかわらずの性格で登場、「死人の鏡」では「三幕の殺人」のサタースウェイト氏が冒頭に登場します。また、日本語タイトルと英語タイトルが違います。(英国版と米国版の違いで、日本版は米国版タイトルです)

リスタデール卿の謎 THE LISTERDALE MYSTERY アガサ・クリスティ 田村隆一 訳

リスタデール卿の謎 THE LISTERDALE MYSTERY アガサ・クリスティ 田村隆一 訳

1934年出版。12編。オトナ男子女子の童話です。しかも特にダメ男子のための童話でもあります。選りすぐりのダメ男たちへのエールでもある短編集です。長編でいうとポワロやミス・マープルが登場しない「なぜエヴァンズに頼まなかったのか?」のニート、ボビィ君や「バクダッドの秘密」のヴィクトリア嬢が活躍するような「逆境上等」な短編集です。気分爽快。

スポンサーリンク
336