「 ミステリ 」一覧

火曜クラブ THE THIRTEEN PROBLEMS アガサ・クリスティ 中村妙子 訳

火曜クラブ THE THIRTEEN PROBLEMS アガサ・クリスティ 中村妙子 訳

火曜クラブ。ミス・マープルと13の謎です。ミス・マープルは登場するなり非凡な冴えを発揮。場の雰囲気を一瞬で書き換えてしまう推理力は初っ端からフル稼働です。全世界をセント・メアリ・ミードの出来事に置き換え、編み物しながら解決する事件は前警視総監のクリザリング卿をもってして容易ならざるものばかり。ミス・マープルが一番の謎です。1932年。

ヘラクレスの冒険 THE LABOURS OF HERCULES アガサ・クリスティ 高橋豊 訳

ヘラクレスの冒険 THE LABOURS OF HERCULES アガサ・クリスティ 高橋豊 訳

1947年。ギリシア人(?)の英雄ヘラクレスはアポロンの宣託に従い、あえて苦難の偉業に挑みますが、ベルギー人の探偵はバートン博士とのナタウリの栽培から発展したヨタ話からあえてこじつけたややこしい事件を推理します。この金持ち探偵は無聊をかこちすぎです。

シタフォードの秘密 THE SITTAFORD MYSTERY アガサ・クリスティ 田村隆一 訳

シタフォードの秘密 THE SITTAFORD MYSTERY アガサ・クリスティ 田村隆一 訳

1931年雪深い僻村のオカルティックなミステリです。雰囲気のある情景描写は真冬に読むのにピッタリです。主人公は容疑者の恋人エミリー・トリフューシス。厳冬期のイギリスの寒村を燃える女子力を総動員して真犯人に迫ります。熱いです。エミリーにちゅうちょと迷いはゼロです。良い嫁になるのは間違いなし

なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? WAY DIDN’T THEY ASK EVANS? アガサ・クリスティ 田村隆一 訳

なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? WAY DIDN’T THEY ASK EVANS? アガサ・クリスティ 田村隆一 訳

1934年。時代を先取りしたニート、ボビィ・ジョーンズと伯爵令嬢フランキーの強運コンビの活躍を描いた冒険推理小説です。昭和九年にまったく自立する意思をもたず親がかりを決意しているボビィはそれでも元海軍軍人です。イチバンハラハラしているのは牧師のオヤジさんでしょう。なぜボビィがこうなったのか。

殺人は容易だ MURDER IS EASY アガサ・クリスティ 高橋豊 訳

殺人は容易だ MURDER IS EASY アガサ・クリスティ 高橋豊 訳

クリスティの代表作を連発していた時期の1939年度の田舎町のミステリです。同年「そして誰もいなくなった」を発表しています。物語の後半に大物警視としてバトル警視が登場します。そのおかげで純粋に元植民地警官の主人公とシンクロして当時の田舎の風景を眺めつつ推理を楽しめます。

七つの時計殺人事件 THE SEVEN DIALS MYSTERY アガサ・クリスティ 蕗沢忠枝 訳

七つの時計殺人事件 THE SEVEN DIALS MYSTERY アガサ・クリスティ 蕗沢忠枝 訳

「チムニーズ館の秘密」の事件から四年後1929年です。ふたたびチムニーズ館に事件が発生します。今回のヒロインは危険人物アイリーン・ブレント、バンドル嬢です。まわりの男たちを軽々と手玉に取りアタマを抱える父親を尻目にドンドン進みます。それはロンドン警視庁のバトルの予想を上回りました。

チムニーズ館の秘密 THE SECRET OF CHIMNEYS 高橋豊 訳

チムニーズ館の秘密 THE SECRET OF CHIMNEYS 高橋豊 訳

1925年、前年「茶色の服の男」で南アフリカの冒険譚を描いたクリスティは今度は南アフリカからイギリス本土へ男を向かわせます。舞台は外国来賓を迎える侯爵所有のチムニーズ館。ロンドン警視庁きっての慧眼の警視バトルのデビュー作です。彼は四年後のチムニーズ館「七つの時計殺人事件」でも登場します。

茶色の服の男 THE MAN IN THE BROWN SUIT アガサ・クリスティ 中村能三 訳

茶色の服の男 THE MAN IN THE BROWN SUIT アガサ・クリスティ 中村能三 訳

天涯孤独になった考古学者の娘アン・ベディングフェルドが1924年のイギリス、アフリカ行き客船、現地と活躍する冒険譚です。手持ちの武器は若さと美貌、大胆すぎる行動力、貧乏への超耐性です。どんなところでも生きていけます。変人考古学者の娘だけあってレディとしては進化の途中です。

運命の裏木戸 POSTERN OF FATE アガサ・クリスティ 中村能三 訳

運命の裏木戸 POSTERN OF FATE アガサ・クリスティ 中村能三 訳

73年クリスティ最後の作品です。トミーとタペンスはふたりあわせて150歳くらい。まだまだイケます。半世紀を駆け抜けたふたりは最終コーナーに入ります。学んだ智恵を生かし失われない冒険心とともに。今回ふたりは犬の散歩にでかけるかのように冒険に挑みます。運命の裏木戸をくぐって。

おしどり探偵 PARTNERS IN CRIME アガサ・クリスティ 橋本福夫 訳

おしどり探偵 PARTNERS IN CRIME アガサ・クリスティ 橋本福夫 訳

1929年出版でも二人合わせてまだまだいける。あいかわらず瑞々しいベレズフォード夫妻です。冒頭すぐ金のハナシになるのはかわりません。タペンスの暴走も変わりません。本作はクリスティのミステリへのオマージュになっている短編集でもあります。リアルタイムのミステリです。

スポンサーリンク
336