「 アガサ・クリスティ 」一覧

アクナーテン アガサ・クリスティ Akhnaton 中村妙子 訳

アクナーテン アガサ・クリスティ Akhnaton 中村妙子 訳

紀元前1300年代中期エジプトを舞台とした三幕物の戯曲です。アテン神対アメン神。西洋の宗教改革に先立つこと数千年、古代エジプトで哲人政治を実行した場合国家はどうなってしまうのか。遷都して15年で消えたアマルナ。毒殺された王。アメンホテプ4世(アクナーテン)、その妻ネフェルティティ、呪いで有名なツタンカーメン王など古代エジプト著名人が出ています。セリフが多いので読みやすい戯曲です。1973年。推理物ではなく歴史物です。

蜘蛛の巣 SPIDER’S WEB  アガサ・クリスティ 加藤恭平 訳

蜘蛛の巣 SPIDER’S WEB アガサ・クリスティ 加藤恭平 訳

味覚音痴の上流階級の叔父たちが利き酒を試しているのを横目で楽しんでいる、超低額で野中の高級一軒家を借りた外交官の妻クラリサ。彼女は恋愛妄想を楽しむという女性です。夫の連れ子ピパはカエルの解剖と呪いが好き。ガタイの良い家付きの使用人の女性は口うるさく、雇った執事夫婦は不満が多い。当家になぜかいる実業家の秘書。そこへ夫の前妻の連れ合いが登場。彼はペテン師です。その彼が客間で死体で再登場して物語はこんがらかって展開していきます。長時間に思えますが、夕方からちょっと過ぎの間の出来事です。三幕物1956年の作品。

招かれざる客 THE UNEXPECTED GUEST アガサ・クリスティ 深町真理子 訳 

招かれざる客 THE UNEXPECTED GUEST アガサ・クリスティ 深町真理子 訳 

ブリストル海峡に近いサウス・ウェールズにあるウォリック家の書斎が舞台となっています。霧の中手探りで進むような、ケルティックな雰囲気が堪能できる、二幕ものの戯曲です。訳者の方は一種のリドル・ストーリー(謎を残したままのオハナシ)のように感じたと感想を述べられています。ドルイド・ベルが静かに鳴り響くような結末です。名探偵は出てきません。1958年作。

ブラック・コーヒー BLACK COFFEE アガサ・クリスティ 麻田 実 訳 

ブラック・コーヒー BLACK COFFEE アガサ・クリスティ 麻田 実 訳 

1930年。アガサ・クリスティの初めての戯曲になります。ポワロ物でオリジナルになります。本戯曲では南米からヘイスティングズが一時帰国中の設定になっていて、ポワロとアボット・クレーヴにあるクロード・エイモリー邸に同行します。ジャップ警部も登場するので三匹のおっさんが揃います。またクリスティ研究家のチャールズ・オズボーンが1997年に書いた小説版も出版されています。

海浜の午後 RULE OF THREE アガサ・クリスティ 深町真理子 訳

海浜の午後 RULE OF THREE アガサ・クリスティ 深町真理子 訳

「海浜の午後」『患者」『鼠たち」の一幕もの三篇を収めた戯曲集です。1962年。一幕ものですので、そんな複雑な構成、内容の戯曲ではありません。が、推理はそんなに単純ではありません。短編小説、というか掌編小説の味わいで推理を楽しめる戯曲集です。

検察側の証人 WITNESS FOR THE PROSECUTION アガサ・クリスティ 加藤恭平 訳

検察側の証人 WITNESS FOR THE PROSECUTION アガサ・クリスティ 加藤恭平 訳

1954年。超有名なタイトルです。1957年にはビッグネームのビリー・ワイルダー監督、脚本で映画化されています。タイロン・パワー、チャールズ・ロートン、そしてあのマレーネ・ディートリッヒが出演しています。邦題は「情婦」。短編集「死の猟犬」には結末が異なる小説版が収録されています。

スポンサーリンク
336